理事長日記

2017/10/25
日本知的障害者福祉協会 部会代表者意見交換会・政策委員会
 本日午前中に各部会代表の方との意見交換、午後からは政策委員会に出席しました。

 総合支援法改正に伴う最終的な細かな要望と、報酬買い手に対する要望について話し合いが行われました。

 報酬改定については、国ではすでに相談支援や横断的事項を除く部分についてすでに一通り論点整理が行われている状態で、各論点について要望事項をまとめていく作業に入っていきます。

 一方で、障害福祉事業所における不祥事も相次いでおり、国民的理解を得られるような運営もしていかなければなりません。
2017/10/23
育心会ご一行来園
  本日毛呂山町にある社会福祉法人育心会の職員の皆さんが来園されました。
  育心会の皆さんには発障協や県の研修などを通して、大変お世話になっております。本法人よりも規模も大きく歴史もある法人ですが、それでも抱える悩みや課題は共通するものも多く、良い意見交換の場になりました。

  今後も各所で連携を取りながら、互いに切磋琢磨できればと思います。

育心会ホームページ
2017/10/19
強度行動障害支援者養成研修 実践研修
 昨日、一昨日と標記研修が行われました。
 2日間日程が2日程の研修でしたが、加算に直結する研修でもあり、大変多くの方が参加されました。

 本年度で3年目となる研修ですが、先ほども申した通り、どうしても加算要件を満たすための研修に現在はなりがちですが、将来的には純粋にスキルアップを目指すことを目的とした位置づけになっていくことを期待しています。

 これで強度行動障害支援者養成研修は一通り終了しました。これからはサービス管理責任者研修、虐待防止・権利擁護研修と年明けまで続いていきます。
 より充実した研修となるよう事前準備からしっかりと行っていきたいと思います。
2017/10/12
サビ管研修(介護)打ち合わせ
 本日はサビ管研修の打ち合わせがありました。
 本年度余もいよいよ来月からサビ管研修が始まります。
 2年後には研修の体系が大きく変わりますので、それに伴いチーム編成も大きく変わります。
 これまで積み上げてきた集大成と、次の新しい体系へ向けた良いつなぎになるよう、本年来年と良い研修になるようチームとして取り組んでいければと思います。
2017/10/11
サポ協理事会
 本日午後からサポート協会の理事会がありました。
 サポ協も発足当時は収入に対して支出超過の時代がしばらく続きましたが、会員数の増加により安定的な運営ができるようになっています。
 逆にここ数年は一定の収支差額が発生し、これを会員に対して還元していくかということが本日の重要なテーマでした。
 具体的な方向性までは至りませんでしたが、より有益な取り組みにつなげていけるよう今後も協議していければと思います。
2017/10/06
埼玉県経営協制度改革対応委員会
 本日標記会議に出席しました。

 本年度から経営協の理事になり、標記委員会の所属となりました。
 改正社会福祉法の実質施行年である本年度は、まずは目の前の役員選任や社会福祉充実計画などがこれまでどうしても意識が行きがちでしたが、これに加えて地域の公益的な取り組みも大きな目玉でした。
 始まったばかりの制度であり、どこの社会福祉法人も戸惑っている部分も多々ある中で、経営協として何か各法人のヒントになるような取り組みができないかということを委員会で検討していくことになりそうです。
2017/10/04
日本知的障害者福祉協会 政策委員会
 本日政策委員会に出席しました。

 国の報酬改定検討チームはすでに3回開催され、各事業の報酬改定の論点整理が行われています。

 社会保障費が膨らむ中、障害福祉予算もこれまでのように右肩上がりの報酬改定にはならないとは覚悟をしているところですが、とは言え質の高い支援を行うため、またそのために必要な人材確保、育成のためにも主張すべきところはしっかりと主張していければと思っています。

 当日は夕方から大宮に戻り、県の虐待防止権利擁護研修の打ち合わせがあったため、大変申し訳ありませんでしたが途中で退席しました。
 研修の日程やら今後の打ち合わせの内容確認などを行いました。いよいよこれからもろもろの研修シーズンが真っ盛りになります。
2017/10/03
発障協事務長連絡会
 本日発障協事務長連絡会が開催されました。
 この連絡会は昨年度から始まり、本年度は2回実施予定ですが、その1回目でした。昨年は15名くらいの参加でしたが、今回は約10名増え、27名の参加でした。
 連絡会自体は理事会直轄の会議なので、今回は私が担当いたしました。

 事務長の方々は法人の中では大変重要な役割をはたしていながら、実は中々他法人の方々と会う機会、意見交換や情報交換をする機会がありません。
 そんなことから本連絡会は始まったわけですが、いざ連絡会が始まると、話題が多岐にわたり、大変活発な意見交換が行われました。

 次回は3月ごろの予定です。年度末の大変忙しい時期ではありますが、逆により現実的な目の前の情報交換ができると思います。より多くの方々にご参加いただければと思います。
2017/09/29
桶川市障害者計画・障害福祉計画策定委員会
 本日標記会議が開催されました。

 3年ごとに策定する本計画について協議する委員会です。
 今回は第1回目ということで、自己紹介やら、計画の位置づけやら、計画策定にあたっての基本的事項の確認程度のものでしたので、実質は次回から協議が始まるものと思います。
 3年前の委員会に引き続き、副委員長を仰せつかりました。本計画の対象範囲は大変広く、どうしても広く浅くになりがちな計画ですが、少しでもより良い計画になるよう意見交換できればと思います。

 これで10月が終わりますが、今月は丸1日フリーの日が3日しかありませんでした。職場を開ける機会が大変多くなっており、職員には迷惑をかけています。10月11月も含め予定がぎっしりですが、どうしても秋口はこんな状況になりがちです。こんな時はどうしても仕事に「ぬけ」が出やすくなりますので、きちんと整理しながらそれぞれの役割を果たしていければと思います。
2017/09/25
埼玉県施策推進協議会
 本日標記会議に出席しました。

 本年度は第5期障害者計画、障害福祉計画策定年度となっており、計画作成に対する提言を行うことが本協議会の役割となっています。

 2つの計画を一緒に作成することに加え、それぞれの計画もボリュームがあり、加えて数多くの様々な意見を持った委員で構成されていますので、中身そのもの以上に、どう議論していくのかという部分が極めて難しく感じます。

 本年度中には計画は策定され、それに基づき施策が展開されるわけですので、より実効性のある計画を作っていかなければならないと思う一方で、先ほどのように大変広い守備範囲であるため、必要に応じて計画に縛られすぎないような施策展開も必要だと思います。

 今週末には桶川市の計画策定委員会が第1回目を迎えます。小さな地域、広域と計画に携わらせていただいていることは、連結ピンの役割も果たしていかなければならないと勝手に感じています。
< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >

- Topics Board -