2019/04/05
みぬま福祉会 障害者支援施設はれ 竣工式
 本日川口市の障害者支援施設はれの竣工式に出席しました。

 本年度埼玉県では3つの障害者支援施設がオープンします。国の方針として障害者支援施設の定員を減らす方向で計画を進めている中、埼玉県は極めて異例の整備状況です。
 ただ、埼玉県は人口に対し他県と比べても圧倒的に入所型施設は不足しており、必要があるものについてはしっかりと整備を進めるという県の方針に則った整備であると思います。

 みぬま福祉会さんとは協会活動や県のサビ管や虐待などの公的研修などでも一緒に取り組んできたスタッフの方も多く、日頃より大変お世話になっております。

 関係者の方々の大変なご努力が垣間見え、そして建物もしっかりと議論し、様々な意見を取り入れ、単なる箱の整備ではなく、そこにはしっかりと生活というものが見て取れる素晴らしいものでした。

 2000年、いわゆる社会福祉基礎構造改革の真っただ中にりんごの家はオープンしました。
 当時は入所施設に対する非難が非常に強く、悪として扱われることも少なくありませんでした。ただ、今思えばここで批判されているのは、入所施設そのものではなく、多床室、画一的で選択肢のない支援などその在り方であったように思います。
 支援度の高い方々をしっかりと受け止める、地域の拠点としての機能を果たす、人材を育成するなどの、第1種社会福祉事業としての高い使命を引き継ぎながら、今ではその在り方もずいぶん変わってきており、個室化、選択肢のある生活などを入所施設でも支援をしてきています。
 現在国でも障害者支援施設のあり方について検討会を設け議論をしてきましたが、改めてその在り方や役割について共有すべきなのかもしれません。
2019/04/01
新年度にあたり
 本日より2019年度がスタートしました。
 本日午前中に本年度採用者のに入社式を開催し、その後採用時研修を4月3日まで実施しております。
 本年度は合計7名の職員を新たに迎え入れることができました。人材確保が困難と言われる中、概ね計画通りの、そして大変すばらしい職員の採用を行うことができたと自負しています。
 入社式の様子は今後インスタグラムに投稿しますので、ご覧ください。

 午前中2時間ほど彩明会職員になるにあたり、私から思うところを色々と話をさせて頂きました。
 途中11時30分ころからは新元号「令和」の発表を生中継で皆と見るなど、新時代を感じる入社式、研修となりました。

 地域に顕在化しているニーズ、潜在的なニーズはたくさんあり、そのニーズに応え続けていくことが私たちの使命であり、基本理念にも謳っています。
 本年度はやまとにて、新たに児童発達支援事業を行うこととなりました。将来的には保育園や幼稚園、こども園などと連携を取りながら、健やかな子どもの育ちを支援していけるような体制づくりも視野に入れているところです。
 また、2020年度オープンに向けて新規グループホームの整備を行う計画となっており、現在着々と準備が進んでいます。おそらく夏ごろには着工になると思いますので、その様子などについては随時報告をしていきたいと思います。
 また翌2021年度には新規生活介護事業所をオープンする計画となっており、そこに向けた国庫補助を計画しています。
 新規グループホーム及び生活介護事業所については、高齢などにより比較的動きの少ない方々、いわゆる重度心身障害と言われる方々、できる範囲は限られますがいわゆる医療的ケアが必要な方々などが利用できる事業所として計画しています。
 医療的ケアについては一昨年から1年間に5名程度ではありますが、法人負担により職員に喀痰吸引の研修を順次受けてもらっています。いずれは全正規支援職が本資格を取得していくことを目指しています。

 このように地域のニーズに応えるべく、今後も必要な事業を実施していきたいと思っていますが、多くのニーズに応えていくためには、なんと言っても人材の確保が必要不可欠です。
 これは絶対数ももちろんのこと、その質も問われるものと思います。そのためにも、確保だけではなく、定着、育成にもさらに力を入れていかなければなりません。
 大変ありがたいことに、当法人の職員の定着率は極めて高く、一般的に本業界は離職率10%を目指しましょうと言われる業ですが、本法人においては、年度により差はありますが、概ね5%にも届かない状況です。
 これは何と言っても職員個々が高いモチベーションを持ち、そしてチームとしてしっかりと機能しているからこそと感じています。その意味でも職員一人ひとりに感謝しています。

 新たな取り組み人どうしても目が行きがちですが、それぞれが単体で機能するものではなく、法人が実施する全ての事業が有機的に連携を取り合うからこそ、多くのニーズに対し、高い質で支援が行われるものと思っています。
 本年度もこれまで以上に強いチームとなるよう挑戦し続け、一歩ずつ、着実に成長し、自身の使命を果たしていくよう役職員一同取り組んでまいります。
 
 本年度もどうぞよろしくお願いいたします。
2019/03/30
法人全体会議、業務報告会、納会
 本日午後より本年度3回目の法人全体会議、および業務報告会を開催しました。

 全体会議においては、過日の評議員会でご承認いただいた、来年度の事業計画や当初予算の説明、一部改正を行った諸規程の説明、新任職員の紹介、皆勤・精勤賞の表彰などを行いました。

 その後の業務報告会では各部署が1年間の取り組みの成果を発表しましたが、どの部署も利用者の方々を真ん中に置いた取り組みをしていることにうれしく思いました。

 夜は上尾東武ホテルバンケットホールにて1年の労をねぎらい、納会を開催しました。
 詳しくはインスタグラムをご覧ください。

 いよいよ本年度も終了し、明後日4月1日から、新たな年度がスタートします。
 気持ちも新たに来年度も役職員一同頑張りたいと思います。 
2019/03/28
彩明会評議員会
 本日夕方本法人の評議員会を開催いたしました。

 先日の理事会を受け、評議員会で議決が必要な本年度最終予算(案)、来年事業計画(案)、来年度当初予算(案)についてご承認いただきました。

 特に事業計画については評議員の皆さんよりたくさんのご意見をいただきましたので、今後の法人運営に活かしていきたいと思います。

 これで来年度のスタートを切ることができます。
 明後日は法人全体会議を開催予定ですが、来年度もチーム一丸となって、事業に邁進してまいりたいと思います。
2019/03/28
桶川市社会福祉協議会評議員会
 本日午前中は桶川社協の評議員会に出席しました。

 社協は正に地域福祉の中心的な担い手であり、様々な場面で協働する機会があります。
 そのような機会を通して、私たちも桶川という町の実情を知ることができています。
2019/03/27
ささの会評議員会
 桶川市地域自立支援協議会終了後、夕方からはさいたま市岩槻区の社会福祉法人ささの会の評議員会に出席しました。

 事業規模としては、多少の事業の差異はあるものの、本法人とほぼ同規模であり、また普段から個人的にも法人としても大変世話になっています。

 こうして外部の社会福祉法人の会議に出席させていただくことで、多くの気付きを得ることができます。
 会議の運営の仕方、支援に対する考え方、様々なニーズがあることや、それに応える事業展開の考え方、これらを職場にしっかりとフィードバックすることはもちろんのこと、地域の力を強くすることにも役立てていかなければならないと感じます。
2019/03/27
桶川市地域自立支援協議会
 本日午後から桶川市地域自立支援協議会代表者委員会に出席しました。

 ここ数年地域の相談支援体制の整備について、たくさんの議論をしてきました。その中で人的物的資源を有効的、有機的に活用するため、生活圏においても密接なつながりのある上尾市、伊奈町と合わせて2市1町で基幹相談支援センターを設置する準備を進めております。
 その過程において、自立支援協議会においても統合すべきとの結論になり、正式には差来年度から、実質的には来年度から2市1町による自立支援協議会がスタートします。

 ということで、桶川市としての自立支援協議会は本日が最後の会ということになりました。

 本協議会は、設置されてから10年が経過します。設置開始当時は代表者委員会の副委員長として、途中2期目からは委員長として、最初から最後まで関わらせていただきました。
 本協議会は実質的には組織図上では会にはなりますが、実務者委員会が実働部隊として様々な活動を展開していただき、様々な取り組みや成果物もできました。

 その中でも、市民アンケートの実施と、その結果を踏まえた障害者計画等への提言を行い、しっかりと計画に反映されている点については、全国的に見ても素晴らしい取り組みであったと思いますし、顔が見える協議会、機動力のある協議会であったのではないかと感じています。

 エリアが広域化されますが、これらの強みについてはしっかりと新たな体制にも引き継いでいくことが、代表者委員会の委員長としての最後の仕事になると思います。
2019/03/23
第1回就職説明会
 本日2020年度採用対象者向けの第1回就職説明会を開催いたしました。
 本日ご参加いただいた皆さん大変ありがとうございました。
 より多くの方にご興味を持っていただき、選択肢として考えていただけるとありがたいと思います。

 再来年度は新規事業を開始するため、多くの職員確保が必要です。
 この人材確保が困難な時代の中で、大変高い目標となっていますが、職員一丸となって、優秀な職員の確保に努めていきたいと思います。
2019/03/22
日本知的障害者福祉協会 政策委員会
 本日政策委員会が開催されました。
 先月は所用により急遽欠席したため、2カ月ぶりの出席です。

 来年度は新たな処遇改善加算が10月より創設される予定ですが、その内容がだんだんと固まってきている様子です。
 これから年度末に向けてQ&Aをはじめ、続々と文書が出てくるようなので、注視していかなければなりません。
2019/03/20
法人理事会
 本日法人理事会が開催されました。

 来年度事業計画(案)、当初予算(案)を中心に、諸規定の変更等について審議され、全ての案件が無事承認されました。
< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >

- Topics Board -