理事長日記

2017/11/06
中国地区障害者支援施設部会研修会
 11月1日2日の2日間、島根県松江市において中国地区障害者支援施設部会の研修会にお招きいただきました。
 昨年の鳥取での研修会にもお招きいただき、そのご縁もあり、2年連続でお声をかけていただきました。大変光栄です。

 私は初日の最初の講演をさせていただきました。テーマは権利擁護と意思決定支援ということでした。
 本研修会のテーマ全体が権利擁護に関係するもので、その後お話しいただく方々の前座として、基本的な部分のおさらいになればと思い、当日まで準備をしてきました。

 その後岡山ライトハウスの竹内氏よりご講演がありました。ご本人自身も全盲でありながら、幼少時代からこれまで様々なつらい経験もされながら、明るく前向きに生きてこられたその人生について語られました。
 毎年何百回とご講演されているようで、聴衆を引き付ける話術は、もはやプロですね。笑いあり、涙あり大変感動的な話でした。

 2日目は障害者支援施設ひゅーまん重利施設長より、相模原事件から見るリスクマネジメントというテーマで講演及びグループワークが行われました。
 その後東京で所用がありに戻らなくてはならないため、大変申し訳なかったのですが、最初の講演だけ拝聴し、帰路に就きました。
 講演の中で、社会の中には事実として誤った障害者観があることを受け止め、私たちは社会に対して発信し、交わっていくことによって、この事件を特殊な事案としてとらえることなく、2度と同じような事件が起こらない社会を作っていなかければならないとおっしゃっていました。
 重利施設長とは初めてお会いしたのですが、研修前の控室や研修後の懇親会でもいろいろと話をさせていただきました。たくさんの話をしていく中で、何かがスーッと胸に落ちた気がしました。
 薄っぺらい理想論でなく、ネガティブな現実論でもない、全体を俯瞰した考え方には共感するものが多々ありました。

 今回も含め、こうしてたくさんの人たちと出会い、たくさんの価値観に触れる機会をいただけることは大変ありがたいことですし、実際にそれを支援の現場に活かしていくことが私の仕事だと思っています。今回の経験もぜひ法人職員に伝えたいと思います。

2017/10/29
収穫祭
 本日第18回収穫祭を開催いたしました。

 過去諸事情により中止となった1回を除き、全ての年が雨にたたられることなく、屋外での開催でしたが、本年度は初めて雨に見舞われ、屋内での開催となりました。

 雨天ということもあり、ご来場者数もほとんどないのではないかと危惧していたところ、例年ほどではないものの予想をはるかに超えるご来場をいただきました。
 屋内開催ということで、大変人口密度の高く、移動するのも大変でしたが、またこれはこれでにぎわっている感もあり、ご来場いただいた方からも、同じようなご感想をいただきました。

 予定では本年度も目玉の一つ移動動物園も中庭で行う予定でしたが、屋内ということでポニーは来ず、それ以外の小動物のみで室内で行うなど、一部プログラムの変更はありましたが、ボランティアの皆さん、近隣事業所の皆さんのご協力もあり、無事終了することができました。

 盛り上げていただいた利用者の皆さん、ご家族の皆さん、近隣事業所及び友好事業所の皆さん、ボランティアの皆さん、ご来場者の皆さん、そして本事業のご協力いただいたすべての皆さんに感謝申し上げます。
2017/10/27
関東地区種別代表者会議 東京大会
 昨日、本日の2日間、東京立川において関東地区種別代表者会議が開催されました。

 もともとすでに報告いたしました通り、埼玉県知事の訪問が予定されていたため今回の大会には参加しない予定でしたが、急遽政策委員長の代理として出席することとなりました。

 ということで、知事のとことん訪問の後、夜に立川に入り、本日の会議の第1分科会、会長事務局長分科会に参加いたしました。
 政策委員会という立場上、各都県の会長から厳しいご指摘やご要望、御意見など、火だるまになる覚悟で参加しましたが、やはり課題感、問題意識は共通するものがほとんどであり、大変有意義な意見交換をすることができたと感じています。

 もともと本会議には不参加予定でしたので、法人の理事会を組んでいたため、会議終了後、急いで法人本部まで戻り、滑り込みセーフで理事会を間に合うことができました。

 理事会では上半期決算、第2回補正予算、経理規程の改正、給与規程の改正、次回評議員会の日程等について審議され、全ての議案についてご承認をいただくことができました。

 何かとバタバタした2日間でしたが、大変有意義な2日間でした。
2017/10/26
知事の「とことん訪問」
 本日埼玉県知事による「とことん訪問」ということで、上田埼玉県知事が本法人のかなでにご訪問されました。
 また、他に大島伊奈町長他、伊奈町議会、埼玉県議会の議員団の方々もご一緒にご訪問いただきました。

 かなで設立に至った経緯、コンセプトを説明させていただき、実際の仕事の様子やChouchouで販売しているハーブティーなども試飲していただきました。また、主力商品であるパウンドケーキもたくさんご購入いただきました。

 知事からは、障害があろうとなかろうと、安かろう悪かろうのモノづくりではなく、よりモノを作り、それを広めていく姿勢はとても大切ですと、私たちのコンセプトにも共感していただき、そしてエールをいただきました。

 今回このような大変光栄な機会をいただき、職員一同改めて気を引き締め、地域の方々に愛される法人運営をしていきたいと思います。 

2017/10/25
日本知的障害者福祉協会 部会代表者意見交換会・政策委員会
 本日午前中に各部会代表の方との意見交換、午後からは政策委員会に出席しました。

 総合支援法改正に伴う最終的な細かな要望と、報酬買い手に対する要望について話し合いが行われました。

 報酬改定については、国ではすでに相談支援や横断的事項を除く部分についてすでに一通り論点整理が行われている状態で、各論点について要望事項をまとめていく作業に入っていきます。

 一方で、障害福祉事業所における不祥事も相次いでおり、国民的理解を得られるような運営もしていかなければなりません。
2017/10/23
育心会ご一行来園
  本日毛呂山町にある社会福祉法人育心会の職員の皆さんが来園されました。
  育心会の皆さんには発障協や県の研修などを通して、大変お世話になっております。本法人よりも規模も大きく歴史もある法人ですが、それでも抱える悩みや課題は共通するものも多く、良い意見交換の場になりました。

  今後も各所で連携を取りながら、互いに切磋琢磨できればと思います。

育心会ホームページ
2017/10/19
強度行動障害支援者養成研修 実践研修
 昨日、一昨日と標記研修が行われました。
 2日間日程が2日程の研修でしたが、加算に直結する研修でもあり、大変多くの方が参加されました。

 本年度で3年目となる研修ですが、先ほども申した通り、どうしても加算要件を満たすための研修に現在はなりがちですが、将来的には純粋にスキルアップを目指すことを目的とした位置づけになっていくことを期待しています。

 これで強度行動障害支援者養成研修は一通り終了しました。これからはサービス管理責任者研修、虐待防止・権利擁護研修と年明けまで続いていきます。
 より充実した研修となるよう事前準備からしっかりと行っていきたいと思います。
2017/10/12
サビ管研修(介護)打ち合わせ
 本日はサビ管研修の打ち合わせがありました。
 本年度余もいよいよ来月からサビ管研修が始まります。
 2年後には研修の体系が大きく変わりますので、それに伴いチーム編成も大きく変わります。
 これまで積み上げてきた集大成と、次の新しい体系へ向けた良いつなぎになるよう、本年来年と良い研修になるようチームとして取り組んでいければと思います。
2017/10/11
サポ協理事会
 本日午後からサポート協会の理事会がありました。
 サポ協も発足当時は収入に対して支出超過の時代がしばらく続きましたが、会員数の増加により安定的な運営ができるようになっています。
 逆にここ数年は一定の収支差額が発生し、これを会員に対して還元していくかということが本日の重要なテーマでした。
 具体的な方向性までは至りませんでしたが、より有益な取り組みにつなげていけるよう今後も協議していければと思います。
2017/10/06
埼玉県経営協制度改革対応委員会
 本日標記会議に出席しました。

 本年度から経営協の理事になり、標記委員会の所属となりました。
 改正社会福祉法の実質施行年である本年度は、まずは目の前の役員選任や社会福祉充実計画などがこれまでどうしても意識が行きがちでしたが、これに加えて地域の公益的な取り組みも大きな目玉でした。
 始まったばかりの制度であり、どこの社会福祉法人も戸惑っている部分も多々ある中で、経営協として何か各法人のヒントになるような取り組みができないかということを委員会で検討していくことになりそうです。
< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >

- Topics Board -