SAIMEIKAI WEB SITE

PROFILE
~法人の概要~


ごあいさつ

■圧倒的に事業者優位な業界を目の当たりにして

  1998年(平成10年)社会福祉法人彩明会は設立され、2000年(平成12年)に在宅生活が困難な知的障害のある方々のセーフティネットとしての役割を果たすため、法人最初の事業所である知的障害者更生施設(入所)りんごの家を開設しました。りんごの家開設にあたり、私たちの行った利用者募集の動きは圏域内の市町村に電話を1本入れただけ、たったそれだけで定員の2.5倍近い120名を超える利用希望を頂きました。施設開設に際し開催した事前の説明会にも参加していない方々も多く、また、「どこでもいいからとにかく施設に預けたい」という一心で希望された方々も多かったように感じます。私たちはそのとき改めて、需要と供給が著しくバランスを逸している実情、すなわち私たちがこれから身を置こうとする業界は、圧倒的に事業者が強く利用者が弱い世界を容易に作り出す環境であることを肌で感じました。

■自己否定からの出発

  当時は社会福祉事業法から社会福祉法への改正をはじめとする、社会福祉基礎構造改革の真っ只中にありました。これにより事業者と利用者の対等な関係が明確化され、それにともない利用者の権利の重要性が改めて問われることとなりました。そして入所施設に頼る福祉から、地域の中で様々なサービスを選択する福祉が「正義」とされ、入所施設を「悪」と考える大きな流れも巻き起こりました。今思えば、私たちはこんな時期に入所施設を開設したことは、幸運なことだったのかもしれません。なぜなら、私たちは「自己否定」からはじめることができたからです。もしこの時期でなければ、私たちは供給を圧倒的に上回る需要の上にあぐらをかき、入所施設を完全な正義と捉え、入所施設で全てを完結するという、利用者不在の自己満足な支援をしていたかもしれません。

■「想い」は私たちが決めるものではない

  りんごの家が開設して、最初に感じたこと、それは入所施設の住みづらさでした。融通の利かない集団での生活、やらざるを得ない規制や制限、決して持つことのできない自分だけの空間・・・。やはり入所施設は「悪」なのか?しかしその一方で止むことのない入所施設への利用希望。そして、ここで暮らしていきたいという利用者の方ご本人からの声やたくさんの笑顔。苦悩しながらも気付いたこと、それは、施設が「正義」だとか「悪」だとか言っているのも、入所施設を希望しているのも、実はその多くは家族や私たち事業者、すなわち「当事者」ではないということでした。少なくとも私たち事業者は、何が「正義」だとか「悪」だとかを決める権限などなく、私たちがすべきことはあくまでも一人ひとりの「想い(ニーズ)」を形にし、その人らしく生きることを支えることなのだと。

■そしてこれから・・・

  その後は生活の場としてグループホーム、地域生活全般を支えるための相談支援、地域生活を経済的に支える就労支援やより多くの工賃を支払うことのできる通所部門の整備、より充実した生活を送ることを支援するための余暇支援、短期入所をきっかけに感じた学齢期の子どもたちへの支援、などなど。1つを形にすれば、そこでまた新たな「想い」に気付く、その「想い」を形にすればまた新たな「想い」に気付く、形にすればするほどそれまで気付くことのできなかった「想い」の多さに気付きます。私たちがやらなければならないことにゴールなどないのかもしれません。目の前にある「想い」を感じ、それをひとつひとつ形にし、その質を高め、そしてまた新たな「想い」に気付き形にする、そんな小さな積み重ねを、ただひたすらに繰り返し、数多くの「想い」に応えていきたいと思います。

私たちが目指すもの

■Mission~基本理念~

私たち彩明会は、公益法人たる社会福祉法人として、地域の多種多様な福祉ニーズを受け止め、そのニーズに応え続けることにより、福祉的支援を必要とする人たちが、それぞれの個性を光り輝かせ、地域の中で当たり前の生活を営むことができる社会の実現を目指します。

■Vision~経営方針~

法人の理念の実現に向け、以下に掲げる方針を実践します。
○ニーズを掴むことのできる、高い専門性と豊かな人間性を兼ね備えたマンパワーの育成
・専門性の向上を目指した内外の研修機会の提供と自己啓発への支援
・広い視野の獲得と強いネットワークの構築に向けた他組織との交流
・モチベーションとチームワークを育む労働環境の整備と職場風土の醸成
○ニーズを満たすことのできる、質の高い支援と多様なサービスを提供するシステムの創造
・個々のニーズと特性を反映した一連の個別支援計画プロセスの実施 
・より質の高い支援を提供するためのサービスの品質管理の実施
・多種多様なニーズに応える積極的な支援メニューと社会資源の創造
○ニーズに応える存在であり続けることのできる、自律した信頼性の高いガバナンスの構築
・公共性・透明性の高い法人経営の実施
・安全と安心につながる危機管理体制の整備
・地域との融合による信頼の獲得

■Action~行動指針~

経営方針を実践するため、以下に掲げる指針を自らに問いかけ、職務を遂行します。
1.利用者が真ん中にいる支援をしていますか。
1.ルールを守り、責任を果たしていますか。
1.言い訳をせず、自ら前向きに動いていますか。
1.相手のことを理解しようとしていますか。
1.自らの成長を期待し、自らを鍛えていますか。

彩明会のロゴマークの由来

人は一人ひとりがそれぞれの個性をもって生きています。
そしてその一つ一つが何にも代えがたい、かけがえのない個性です。
私たちはそのたくさんの個性を尊重し、その個性が光り輝くよう支援することを目指し、果物の中でも大変品種が多いことで知られるりんごをシンボルマークとしています。

基本情報

■名称

社会福祉法人彩明会

■所在地

埼玉県桶川市倉田513

■設立

平成12年7月

■代表者

理事長 白 石 孝 之

■役員等の体制

理事:6名
監事:2名
評議員:7名

■事業所及び事業

●障害者支援施設りんごの家
・施設入所支援 (定員50名)
・生活介護(定員56名)
・短期入所(併設型定員4名)
・日中一時支援
・特定相談支援事業
・生計困難者相談支援事業
●就労支援事業所かなで
・就労移行支援(定員6名)
・就労継続支援B型(定員24名)
●グループホームみのりの家
・共同生活援助
 6ホーム28名 サテライト1名
●児童デイサービスやまと
・放課後等デイサービス(定員10名)
・発達障害地域療育センター(埼玉県委託事業)
・福祉有償運送
●相談支援センターわおん
・市町村相談支援事業(桶川市補助事業)
・特定相談支援事業
・一般相談支援事業
・障害児相談支援事業
・障害者就労支援センター(桶川市委託事業)
・桶川市障害者虐待防止センター(サテライト)(桶川市委託事業)

■職員数(2019年4月現在)

・常勤59名(男33名 女26名)
・非常勤59名(男14名 女45名)
・合計118名(男47名 女71名)

■有資格者

・社会福祉士・・・11名
・介護福祉士・・・13名
・精神保健福祉士・・・1名
・保育士・・・10名
・臨床発達心理士・・・1名
・臨床心理士・・・1名
・作業療法士・・・1名

法人の沿革

1998年(平成10年)

・法人認可・設立
・初代理事長 岡田仲太郎就任
・知的障害者更生施設りんごの家新築工事(~1999年度)(国庫補助事業)

2000年(平成12年)

・りんごの家開所

2001年(平成13年)

・短期入所開始(りんごの家)

2002年(平成14年)

・第2代理事長 白石孝一就任

2005年(平成17年)

・グループホームみのりの家(現みのりの家小針領家)開所

2006年(平成18年)

・日中一時支援開始(りんごの家)
・地域活動支援センターあいのて新築整備工事(競輪補助事業)
・みのりの家坂田改修工事(日本財団助成事業)
・グループホームみのりの家をみのりの家小針領家に名称変更

2007年(平成19年)

・地域活動支援センターあいのて事業開所
・みのりの家坂田開所
・相談支援センターわおん開所
・相談支援事業開始(わおん)
・桶川市障害者就労支援センター事業受託(わおん)
・第1期5ヵ年計画策定

2008年(平成20年)

・りんごの家とあいのてを障害者支援施設りんごの家に統合
・日中一時にて児童放課後受け入れ開始(通称「やまと」)
・法人設立10周年記念式典開催

2010年(平成22年)

・生活保護受給者等就労支援事業受託(わおん)※2015年(平成27年)事業終了
・みのりの家倉田A号棟新築工事(国庫補助事業)
・児童デイサービスやまと改修工事(日本財団助成事業)

2011年(平成23年)

・みのりの家倉田A号棟開所
・児童デイサービスやまと開所(日中一時支援から事業移管)
・みのりの家倉田B号棟新築工事 (国庫補助事業)

2012年(平成24年)

・みのりの家倉田B号棟開所
・桶川市虐待防止センター受託(わおん)
・第2期5ヵ年計画策定

2013年(平成25年)

・りんごの家管理棟整備

2014年(平成26年)

・障害福祉サービス事業所かなで整備(国庫補助事業)
・第3代理事長 白石孝之就任

2015年(平成27年)

・障害福祉サービス事業所かなで開所
・特定相談支援事業開始(りんごの家)
・生計困難者相談支援事業開始(りんごの家)
・みのりの家坂田東開所
・県央地域療育センター事業受託(やまと)
・桶川市と災害時等における配慮者の要緊急受入れに関する協定締結

2016年(平成28年)

・みのりの家西小針開所
・サテライト型ホーム開所

2017年(平成29年)

・第3期5ヵ年計画策定

2019年(令和元年)

・(仮称)みのりの家加納整備

情報公開

■定款・規程

定款   役員等報酬規程   役員等名簿

■事業計画

2019   2018   2017   2016   2015   2014  

■事業報告

2018   2017   2016   2015   2014   2013  

■決算報告

2018   2017   2016   2015   2014   2013  

■現況報告

2018   2017   2016   2015   2014   2013  

■放課後等デイサービス自己評価

2018   2017